イルカホテル


日曜日は家族で昭和記念公園へ。

20170302001243280.jpg

紅白梅図屏風の川のように、
ゆるやか曲がる道の脇にちらちらと咲いた梅のかおりに春を感じながら、
先週に引き続き、
またしてもサイクリング。


突如、自転車をこよなく愛する人になった訳ではなく、
今週の土曜日の夜に、
私事で出かけるための家庭内微調整。

これは大人の言い分であって、
2週連続サイクリングに連れて行ったからといって、
土曜日の夜に出かけることを息子が簡単に許してくれるとは思いませんが、
やらないよりはやったおいた方がいいという帳尻合わせを経て、
下記のライブに出陣します。


2017年3月4日(土) 

会場:HUMMER COMPLEX

  「脱サラシNIGHT」

   開場18:30 開演19:00

   Charge 2500円(1ドリンク付)

   Act.The SALTAS ,IRUKA HOTEL (from KYOTO)

   PARTY BUS 送迎 品川駅 高輪口

   1便目18:00 2便目18:30

http://hummercomplex.com


ポイントは、学生時代の友人が在籍している、
イルカホテルというバンドがわざわざ京都から来るです。

なんでも今回のライブの集客ノルマが100人という、
なんともミッションインポッシブルな予感漂う数字を聞いておりましたので、
友人として少しでもノルマに貢献しようと、
助手一号さんを誘っておりましたけど、
やんわりと断られ続け、
昨日正式に断られましたので、
僕1人という不甲斐ない結果…。


せめてもとテレサテンばりのつぐないに、
あまりに後ろ過ぎてほとんど何も見えないような、
後方支援的イルカホテルについての記事を書いて寝ます。

住んでるとことが遠く離れておりますので、
SNSから入ってくる情報によるところになりますが、
昨年からずいぶんとライブ活動が急に活発化しておりまして、
久しぶりに3rdシングル「yell!」を全世界リリースしたりと、
結成15年目にして狂い咲きしている模様です。

20170303023724764.jpg

このはんなり雅な後ろ姿は友人の娘さんと思われます。

明日またねというフレーズを、
今年本厄のおじさんががなり気味に歌うと、
ずしりと重たい切迫感が伝わってきて、
亀の甲より年の功感じます。

先週のMステで、
SHISHAMOというバンドの味わい深い顔の前髪が斜めになった女の子が、
奇跡的にかわいい声で「明日も」と歌っているのとは、
背負っているものが違うなと思いつつ、
歌声が良くて息子と一緒に結構見ちゃっています。

イルカホテルには、
風神雷神図屏風図のような屈強なベースとドラムのリズム隊を擁しているがために、
必然的にライブが素晴らしくなります。

それが際立つのが、
名曲「マグノリア」

その場の空気がうねり、跳ねて、跳ぶ。
ロックンロール。

北島三郎でいうところの「与作」のようなキラーチューン。
KANならば「愛は勝つ」のような代表曲だと、
僕は勝手に思っています。

「マグノリア」ないライブなんて、
モアイ像のいないイースター島のようで、
むしろ2〜3回演奏してもいいくらい。

この曲を聴くだけでもライブに足を運ぶ価値があると思います。


好き勝手書いてしまったけど、
演奏するのかな?


さすがにもう目が開かないし、
頭も回ってないので、
だいぶ無責任な記事になってしまったけれど、
これにてつぐない終了。

最後に、ワークショプの部材が着々と揃い始めてきました。

週末余力があれば、
ラバーズフェスの試し刷りします。
スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?