流動体について


高校2年生くらいの時に聴いていた音楽を、
これからもずっと聴き続けていくような気がしています。


高2に限らず、
多感な時期にガコンと響いた音楽が強烈に残っているあまり、
歳を重ねるにつれて、
新しい音楽を受け入れにくい体質になっているなと感じている人は、
案外多いのではないでしょうか?


僕の場合、
楽曲やサウンドについての理解が疎いため、
音楽というより、
とりわけ歌詞に強く惹かれます。

本日、
19年ぶりのシングルを発売した小沢健二の「流動体について」の前面広告が、
朝日新聞に載るということで、
新宿の会社に行く途中のコンビニで購入して、
赤信号のたんびに、
掲載されていた歌詞をチラチラ読んでおりました。

全く聴いたことのない曲の歌詞を読むのは、
止まったエレベーターを歩いて登るような、
不思議な違和感がありながらも、

「だけど意思は言葉を変え、言葉は都市を変えてゆく」なんて、
キラリと光るフレーズを見つけて嬉しくなったり、

「もしも間違いに気がつくことがなかったのなら?」という、
問いかけに、んーと唸ってみたり、

意外にも細部にお父さんの視点が出ているよと思い、
19年の年月の流れを感じながらも、
全体としてみた時に、
なんだか今まで見たことのない新しい世界が広がっていて、
危うく道を間違えそうになりました。

仕事帰りに、
吉祥寺のタワーレコードでCDを買って聴く。

20170222023217645.jpg


歌詞が声にのる。

さらにメロディーにのって歌になり、
言葉が躍動する。

久しぶりにワクワクする。

時間が巻き戻ったんだか、
前に進んだんだか、
よくわからない魔法のような時間を過ごしていたら、
もうこんな時間。


最後にてぬぐいの話です。

次のワークショップに向けて、
さらしをバージョンアップすべく、
先ほどてぬぐいマーケットでお世話になった黒猫舎さんに、
新さらしを発注をいたしました。

その違いに気がついていただけたら幸いです。

20170220000015075.jpg
スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?