年始の抱負(助手1号)

ども。
あけましておめでとうございます。
さすが今年の助手一号は一味違うぜ!
と誰にでも言ってもらいたいような、
言ってほしくもないような、
微妙な43歳。

年末から気が付けば、もうお正月もおしまい。
あしたから、また普通の日々がやってきますね。
まあ、あたしは明日も休みますが。。。。

年末から室長からも「西荻ラバーズフェス」の話もなんとなくは聞いていて、
おう来年こそ勝負の年だぜえ!
と何と戦うのかよく解らないが、
外国レスラーが乱入しても必殺のバックドロップを決めてやろうと日々特訓の毎日です。

年末、来たるべき勝負に向けて、立派な手ぬぐい研究員になるために
世の中で成功したと言われている人たちの共通する思考方法なんて本を流し読み。
エッセンスをまとめると、
1、体を鍛える
2、時間を大事にする
3、目標を定めて日々邁進

、、、、小学生の冬休みの過ごし方かよ!時間を返せ!!
かなりマッチョな精神論が展開されておりました。
ちょっと無理だなあ。。。。

本日、今年の健康祈願をかねて、アレしてきました。
アレ、と言えばこれ!
KIMG0972.jpg

豊漁を祈願して、研究室のお年賀手ぬぐいも大漁旗のように、釣り座の横に置いてみました。

釣り始めて五分。
お年賀手ぬぐいが効いたのか、お魚さんがわんさかつれます。
餌付けて、コマセをまいて、しゃくって、はい釣れた!
魚を外して、餌付けて、コマセをまいて、しゃくって、はい釣れた!
魚を外して、餌付けて、コマセをまいて、しゃくって、はい釣れた!
釣れて釣れて、気味が悪いくらいです。

しかし気味が悪いついでに、
あまりの寒さと、忙しさで、船酔いしました。
背中の痛さと、寒さと、船の重油の臭いに吐きそうになりながらも、魚は釣れまくります。

もう帰りたい、でもまだ釣ってたい。
交錯する意識の中で、この感覚デジャブってます。
嗚呼、君の名は、、、、。

年末のお年賀手ぬぐい約50枚、フルマラソンのようにシルクスクリーンを刷りまくった記憶がよみがえりました。
もう、止めたいのに、止められない。
手ぬぐいセットして、インクを乗せて、スキージー引いて、インクを上げて、インクを乗せて、手ぬぐい干して、手ぬぐいセットして。
インクを乗せて、スキージー引いて、インクを上げて、インクを乗せて、手ぬぐい干して、手ぬぐいセットして。
眠気と背中と脇の下と腰が痛くて痛くて。。。

偉大なるルーティーン・ワーク。
繰り返すCity Life

年末のタモリ師匠のスマップに宛てたお手紙を思い出しました
「人生に勝敗なんてないし、
どっちがいいとか悪いとか、
そんな判定みたいなことなんてどうでもいいんだ。
大切なこと、それは引きずらないことだ。
乾杯すればそれで仲良し。
やったことはすぐ忘れる。
それが大事。人間なんて、そんなものだ」

ああ、これこれ。
冬休みの過ごし方の格言など読んでも意味ないですね

結論としては今年も例年通り、流されて生きていこう、と思う助手一号。
たどり着いた今年の年末に、また室長とジンギスカン食いながら
「なんだかんだとおつかれさま、乾杯!」
笑って終われるような一年になればと思う助手1号です。

とりあえず、今晩の夕食。
KIMG0977.jpg
まだまだお皿に乗りきらないほどつれました
KIMG0980.jpg
アジフライとお刺身♪
食べきれない分は、干物にしました。








スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?