アイネクライネ唐獅子ムジーク


普段、
猫の額程の狭さの中をアップアップしながら暮らしている我家が、
こと大掃除となると、
ヴェルサイユ宮殿並みの広さに感じてしまうのは、
昨年の今頃、
愛娘のヴォルフガング・アマデウス・バツキオーネが産まれたばかりということもあり、
大掃除をよしなに済ませたツケが回ってきたからと思われます。

棚を動かすとその後ろから、
活断層のように積もった埃や染み付いた頑固な汚れが出てきて、
悪戦苦闘しているところに、
突如として2年前に放送されていた、
トッキュウジャー熱が再燃した息子が、
トッキュウチェンジャーを装着して戦いを挑んでくるので、
お父さんはもうへとへとです。

いろいろと片付けをしていますと、
職務柄てぬぐいが出て参ります。

20161230044803620.jpg

河豚。
下関などでは、
縁起を担いで「ふく」と呼ぶそうです。

今年の3月で閉じてしまった下関の現場がつい思い出されますが、
これはお姉ちゃんからもらった料亭のてぬぐい。

20161230043301691.jpg

母と妹が熊野古道に旅行に行った際に、
お土産でもらったてぬぐい。

もらったときは、
なかなかいい予感がしたものの、
広げてみると、

20161230043320873.jpg

ああ、このいかにも感。

寺社の参道にあるお土産屋さんで買うと、
ありがちなこのいかんともしがたい感。

港区に引っ越して、
23区以外のてぬぐいワークショップには来ようともしない、
今の妹を象徴しているかのようですね。


続きましてといきたいところですが、
夜中に目が覚め、
年賀状を書いておりましたら、
こんな時間となりましたので、
まだ続く大掃除とトッキュウジャーごっこに備えて、
もう寝ます。

おやすみなさい。
スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?